正社員、派遣、アルバイト・・・働き方は一つじゃない

賢く扶養内で働く

主婦が仕事を探すとなると様々な条件があると思いますが、やはり多くなってくるのは扶養内で働きたいとしてパートの求人情報を探す人です。扶養内とは、所得税を支払わなくてもいいように働くということです。収入があるだけ所得税が取られますが、年収が103万円以下であれば扶養内とされ税金がかからないのです。そして104万円から129万円は所得税がかかってしまいますが多少ですみます。それ以上となると所得に応じた税を取られてしまいます。
また、所得税を支払うくらいに多く稼いでいると、医療保障が受けられなくなったりすることもあるそうです。多くの主婦はこうしたことがあると面倒なので扶養内で働けるようなところを探すようです。大体月8万円ほど稼いでいけば扶養内に収まるのではないでしょうか。しかし、この扶養内の基準も住んでいる自治体によって違いが出る可能性があります。自分の住んでいる自治体に確認しなくてはなりません。
求人情報も、昼の時間帯の営業を支えるのは主婦であることが多いのでそういう働き方が出来るとしてうたっているところも多いです。また、扶養内というのは生計を同じくする家族がいる場合に発生するので、親元を離れて暮らす学生なども当てはまります。年末になるとこういったことを避けるためにシフトを減らすように頑張る人たちをよく目にします。面倒ではありますが、こうしたことをしなければ前述したとおり保証が受けられなくなったり税金を支払う必要があったりするので、気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です