正社員、派遣、アルバイト・・・働き方は一つじゃない

正社員として働く

一人前に働く、となるとやはり正社員である必要がある、と考える人も多いと思います。正社員のメリットは、会社からの福利厚生が充実していること、給料が時給ではなく一定の水準を保たれるということでしょう。そして会社からある程度護られるということもあります。正社員の求人を見ても、条件は良かったりします。
アルバイトやパート、派遣社員は福利厚生がなかったり、時給で給料が決まるので、働けば働いた分だけ給料になります。しかしだからといってたくさん働くにも限度がありますから、時給で働いてお金を稼ぐというのは難しいです。正社員であれば求められている責任を果たすことで給料が発生しますが、極端な話それは会社によってかなり変わってきます。求められている責任を果たしきれなくとも減給になることがなかったり、逆に減給となるところもあります。働いた時間で決まるわけではないので、アルバイトやパートよりかは稼げますが、飲食店などサービス業では、アルバイトの人件費を浮かせるために社員がたくさん仕事に入り、時給で働いた方が給料がいいのでは、という状態になることがよくあります。
また、正社員は前述したとおり責任が伴う立場にいますから、やはりアルバイトやパートとは違うわけです。アルバイトやパートはお金を稼ぎに来ているので、自分の仕事に責任を持ち、その働いた対価として給料を支払うわけですが、もっと会社をよくしようといったところまでの責任は負う必要はないのです。その役目は社員が行うものです。ですので、正社員というのはとにかく責任が伴うものだということは意識しましょう。同じように仕事をしていているように見えても、労働形態が違えば取り巻く環境も責任も変わってきますから、人それぞれに合った働き方がその人にとって一人前に働くということだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です